1. HOME
  2. ブログ
  3. 枕を変えたら睡眠中の背中の痛みが消えた

枕を変えたら睡眠中の背中の痛みが消えた

去年の9月頃から今年のはじめ頃まで、実に半年間程度僕は背中の痛みに悩まされていました。

一番ひどかったのはそれこそ去年の9月頃、ちょうどトライアスロンの練習を再開し始めた頃でした。

日中のちょっとした動きで背中が痛み、少し早く歩くだけで背中が痛み、練習どころか日常生活すらままならない状況。

腰痛や肩こり、寝違えなどの痛みは、基本的に血流が悪くなることが起因している、と考えているので、体を温めることや栄養のある食事をとることを特に気をつけました。

こういった取り組みが功を奏してか、日中に痛みを感じることはなくなりましたが、その後長い期間、毎日睡眠中に背中の痛み、2〜3時間おきに起きてしまう日々が続いていました。

ある医者に聞いたら「睡眠中は他に神経を使うことがないから、痛みを感じやすい」のだと。

日中、忙しく動いていればいろんなことに神経を使うけど、睡眠中などリラックスしているときは痛みを感じやすいようです。

これは確かに納得の理論です。

ただ、だからと言って放置するわけにはいかないので、まずはマットを変えてみました。

が、特に効果なし。

で、次に枕を変えようと思ったわけです。

僕が使っていた枕はもともとオーダーメイドも枕でした。

山田朱織枕研究所(https://makura.co.jp) というところで作った枕です。

まさにこの写真と同じ枕です。

もう5〜6年前に作ったものなんですけど、当時は予約に半年以上待った記憶があります。

が、オーダーメイドとは言っても、自分の体を計測して枕を提案されるわけではなく、様々な高さの枕を試して自分で一番合うと思う枕を選択しただけでした・・・これでオーダーメイドなのか?と思ったけど、枕のクオリティは良かったはずです。

今回、枕を変えた、というよりは、同じ枕で高さを変えました。

この枕の良いところは、中の素材が何層にも重なっていて、それを自由に足したり減らしたりできるのです。

今回は、大幅に中の素材を抜いて枕を低くしました。

背中が痛くなっていた期間に何日間かホテルに泊まったのですが、枕が比較的低いところだと背中の痛みが出にくかったから、普段使う枕も低くしてみようと思ったわけです。

そうしたら、なんと不思議なことにかなり低くしたその日から背中の痛みがなくなりました。

僕が使っている枕は沈み込みがほとんどないものなので、枕が高いと首の角度が急になり血流が悪くなるんだと思います。

枕を低くしたことで、頭から首、背中にかけて緩やかなカーブになり、負担の少ない血流の妨げにならない姿勢になったのではないか、と自己分析しています。

ということで、睡眠中の背中や腰の痛みに悩んでいる人がいれば、枕の高さを変えてあげることで解決するかもしれません。お試しあれ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事